病院事業管理者・病院長あいさつ

病院事業管理者ごあいさつ

加賀市病院事業管理者 清水 康一
加賀市病院事業管理者
清水 康一

 令和2年4月1日より病院事業管理者に就任いたしました。

 加賀市病院事業改革プランに沿って、「加賀市民病院」と「山中温泉医療センター」とが統合され誕生した加賀市医療センターは開院5年目を迎えました。加賀市の中核病院として、市民の皆さんに安心・安全な質の高い医療サービスを提供することはもちろんのこと、新公立病院改革ガイドラインに沿った地域医療構想を踏まえた当センターの役割を担い、さらなる経営効率化の推進を目標に、全力でその職責を果たす所存です。

 加賀市医療センターでは基本理念として、“「おもいやり」 ― 私たちは、市民とともに、市民中心の医療を提供し、市民の健康を守ります ― ” を掲げ、「信頼される最適な医療の提供」、「救急搬送を断らない体制」、「将来を担う優れた医療人の育成」、「地域に根付いた医療の実践」を基本方針としています。

 センターの概要は、病床数300床(一般病棟214床(内ハイケアユニット10床)、地域包括ケア病棟41床、回復期リハビリテーション病棟45床)、診療科は25診療科、常勤医師数は初期臨床研修医5名を含めて50名です(令和2年4月1日)。病棟は、患者さんを見守りやすいダブル十字型の形状を採用し、HCU(ハイケアユニット)を除く290床のほとんどがトイレ、シャワー付きの個室で、全て同一規格です。病室ごとに室温調節ができ、患者さんのプライバシーや療養環境に配慮しています。差額室料は徴収しておらず、経済的負担もありません。

 加賀市で唯一の急性期病院として、地域包括ケア体制の中心的役割を担っています。地域の皆さんが安心できる救急医療体制を提供するために、関連大学病院からの支援を受けて内科系、外科系医師各1名による2名当直体制を実践しています。年間の救急搬送受け入れ件数は約2,800件、ウォークイン(自力で救急外来を受診)患者数は約9,000人です。また、加賀市で唯一のお産ができる施設として、妊婦さんの負担を軽減するため陣痛(Labor)から、分娩(Delivery)、産後の回復(Recovery)までを同じ部屋で過ごすことができるLDR室2室を備えています。平成30年度の分娩件数は204件でした。人材育成においては、開院当初から積極的に医学生の研修を受け入れており、令和元年度からは基幹型臨床研修病院として研修医を受け入れています。令和2年4月時点で5名の初期臨床研修医が在籍し、将来を担う人材育成に努めています。地域医療の面では、地域連携センター「つむぎ」を設置し、入退院支援や紹介・予約等の地域連携業務に加えて、市の地域包括支援サブセンターを併設して在宅復帰支援など退院後の療養・生活支援にも努めています。

 団塊の世代が75歳以上になる2025年に向けての医療体制を構築するために、国は「地域医療構想」を進めています。少子高齢化が進展し、医療需要が変化する中、当センターが持つ機能を十分に活用し、地域の医療機関との連携を強化し、在宅医療の支援に努めていきたいと考えています。住民の皆さんが、住み慣れた地域で安心して暮らせる、医療・介護・予防・住まい・生活支援が包括的に確保された社会の構築に、少しでも貢献することが加賀市医療センターの使命だと考えています。地域の皆様には今後ともご理解とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


病院長ごあいさつ

加賀市医療センター 病院長 小橋 一功

加賀市医療センター
病院長

小橋 一功

 平成から令和へ、加賀市医療センターは開院して5年目を迎えました。開院当初、常勤医37名でしたが、現在5名の研修医を含め50名まで増員できました。さらに充実した診療を提供できるよう努めてまいります。

 市民の皆様の安心・安全を第一とし、市内唯一の急性期病院として救急医療に尽力していますが、必要な方には療養型医療施設や介護施設あるいは在宅へとつなぐことにも注力しています。

 しかし限られた医療資源ですので、市民の皆様のご協力が必要です。かかりつけ医を持つこと、適正な救急車の利用、自立がやや困難になってきた高齢者の早めの介護認定など、お願いいたします。スムーズな医療の流れを構築することが大切だと考えています。

 当医療センターは、市民の皆様の財産です。今後とも温かいご支援とご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

このページのトップへ