初診時選定療養費について

初診時選定療養費制度は、地域全体で質の高い効率的な医療を実現することを目的として「初期の診療は地域の医院・診療所等(かかりつけ医)で、高度・専門医療は病院で行う」という医療機関の機能分担の推進を目的とした制度です。

医療機関の機能分化の推進を図る観点から、200床以上の病院を紹介状なく受診する場合には、健康保険の自己負担金とは別に、初診時選定療養費の負担を求めることが認められており、当院では1,080円(消費税込)を負担していただくことになります。

※次に該当される場合、初診であっても初診時選定療養費をいただきません。

  • 他の医療機関からの紹介状をお持ちの方
  • 救急車で搬送された方
  • 生活保護法による医療扶助対象の方
  • 特定疾患または障害等により各種公費負担制度受給対象の方(こども医療・ひとり親医療は対象外)
  • 交通事故・労働災害・公務災害の方
  • 6歳未満の乳幼児の方
  • 今回受診する診療科は初めてでも、現在当院の別の診療科に通院されている方
  • 当院または他院の人間ドック等健康診断で、外来受診を勧められ、結果表をお持ちいただいた方

このページのトップへ