お産をされる方へ

LDR室

加賀市医療センターでは、出産時の妊婦さんの負担を軽減するため、陣痛、分娩、回復を1つの部屋で行えるLDR室を2室設置しました。

LDRとは、Labor(陣痛)、Delivery(分娩)、Recovery(回復)を略したものです。陣痛室、分娩室、回復室が一つとなったLDR室で、妊婦さんは移動することなく、1つの部屋で出産することができます。また、個室であるため、落ち着いた静かな環境である、プライバシーが守られる、家族が立会いやすい、などの様々なメリットがあります。当院は、周産期エリアにセキュリティを設け、他病棟との行き来を制限することで、出産される、または、出産を終えたお母さんの十分な休息と安静のための静かな療養の場と、生まれた赤ちゃんにとって安全な環境を提供できるようにつとめています。産婦人科病棟のセキュリティエリア内では、ご家族で写真を撮るスペースもございます。ご家族で記念撮影にお使いください。休憩スペースでは加賀平野を展望できます。産婦人科の病室は他の病室とは違う壁紙になっています。

室料差額について

加賀市医療センターでは、室料差額(差額ベッド料)を頂いていません。

これまでは、患者さんが個人の希望として個室を選択した場合、1日あたりの室料差額を頂いていましたが、加賀市医療センターでは「個室が基本」となることから、室料差額は頂きません。
また、「特別室」はありません。

入院時にお持ちいただくもの

手続き用 母子健康手帳
健康保険証
印鑑(認め印)
入院申込書及び誓約書
母親学級テキスト
持っている方のみ 医療受給者証
限度額適用認定証
身の周り品 洗面用具 歯ブラシ等
シャワー用具 石鹸またはボディソープ、タオル、バスタオル、シャンプー、ブラシ等
日用品 入院中の履物(スリッパなど)、ティッシュ
衣類 パジャマ(上着は前開きが便利です)、生理ショーツまたは産褥ショーツ、産褥用ブラジャー、タオル、さらし(出産後、骨盤を支えるために使用します。トコちゃんベルトをお持ちの方は持参してください。)、ガーゼハンカチ(授乳時に使います)
お薬 服薬中のお薬(当院・他院のお薬)
お薬手帳

※詳しくは、事前にお渡しする【出産される方へ】の入院時の必要書類と物品に記載してありますので、ご確認ください。

産科医療補償制度とは

当院は産科医療補償制度加入機関です。

分娩に関連して発症した重度脳性まひの赤ちゃんとその家族に経済的補償を速やかに提供することに加えて、重度脳性まひ発症の原因分析を行い、同じような事例の再発防止に役立つ情報を提供することなどにより、紛争の防止・早期解決および産科医療の質の向上を図ります。

このページのトップへ