救急患者の内訳

平成28年4月に加賀市民病院と山中温泉医療センターが統合され、南加賀地区における2次医療を担う病床数300床の中核病院として加賀市医療センターが誕生しました。

「救急搬送を断らない体制」を実践し、時間内は総合診療科(救急科)の医師3名が、時間外や休日は近隣大学病院からの協力を得て、内科系・外科系の医師各1名の2名体制で救急医療の強化を図っています。

統合前は、加賀市における救急搬送の3人に1人が市外や県外の医療機関に搬送されていましたが、統合後は、救急搬送依頼の98%以上を受け入れています。
平成28年度、平成29年度の詳細は次のとおりです。

救急患者収容件数

救急搬送

    4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
平成29年度 総数 238 220 217 251 239 197 216 259 248 295 267 225 2,872
うち入院 115 102 112 109 107 84 102 129 122 133 125 110 1,350
平成28年度 総数 217 207 232 242 217 227 222 259 264 251 237 217 2,792
うち入院 98 105 100 106 100 108 109 103 126 117 111 100 1,283

※平成29年度は、救急車受入件数2,872件、1日平均7.8件、最大で22件を受け入れました。
 平成28年度は、救急車受入件数2,792件、1日平均7.6件、最大で16件を受け入れました。

ウオークイン

    4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
平成29年度 総数 672 822 664 761 806 673 637 666 701 969 610 731 8,712
うち入院 71 81 82 74 64 75 87 83 73 72 64 67 893
平成28年度 総数 554 761 661 715 699 663 625 687 918 1,096 842 729 8,950
うち入院 52 91 77 69 73 86 62 76 82 99 66 74 907

救急収容患者の内訳

平成28年度

  • CPA:80症例
  • 高次医療機関への転院が必要であった症例50例

内訳

┣ 循環器疾患
 (大動脈解離・破裂・閉塞、急性冠症候群など)21例
┣ 重症感染症2例
┗ 脊椎損傷などの重症脊椎疾患4例

平成29年度

  • CPA:99例
  • 高次医療機関への転院が必要であった症例64例

内訳

┣ 循環器疾患
 (大動脈解離・破裂、急性冠症候群など)24例
┣ 整形外科疾患(頚椎損傷、開放骨折など)15例
┣ 脳・神経疾患(くも膜下出血、脳炎疑いなど)7例
┗ 救急疾患(一酸化炭素中毒、多発外傷など)7例

その他、「肺炎・尿路感染・皮膚感染などの感染症」、「気管支喘息」、「心不全」、「糖尿病性ケトアシドーシス・電解質異常などの代謝疾患」、「めまい」、「軽症外傷」など、地域におけるcommonな疾患の入院があります。

このページのトップへ