内視鏡室

内視鏡室は、一般外来、救急患者、入院患者、他院からの紹介患者、人間ドック・健康診断の利用者の皆さんの検査・処置・治療を行います。

内視鏡室

スタッフ紹介

消化器内科医師 2名
消化器外科医師 4名
総合診療科医師 2名
内視鏡室専任 看護師 5名
看護助手 1名
事務 1名

内視鏡室では主に上部消化管、下部消化管、膵胆管系の内視鏡検査、処置、治療を行っています。

内視鏡検査は微細病変や病変部の詳細な情報を肉眼的に観察することができ、生検によって確定診断も可能になることから、診断する上で欠かすことのできない検査です。

加賀市医療センターでは、新病院の稼働に伴い、拡大観察機能を搭載した内視鏡システムおよびスコープを増設しました。以前のスコープと比較すると1㎜ほど細くなっており、患者さんの負担を軽減しつつ、より高画質画像での観察が可能になります。

また、同時に3台のシステムを稼働させることができ、検査の待ち時間の短縮を図っています。

この度、鎮静剤使用後の回復室として6床を設置し、鎮静剤使用のご希望に添える体制を整えました。

今後もより良い環境を整え、スタッフ一同協力して検査、治療に当たっていきます。

このページのトップへ